今回は、布作家のINAKさんにインタビューをお願いしました。

 

 

 

INAKさんは、ハイシーのイベントは、第2回イベントから参加してくださっています。

 

その時は、ご友人とともに出展。それからご縁を頂き、ハイシメンバーとして加入し活動しています。

 

 

 

まずは、自己紹介からお願いします。

 

横浜市在住 稲本です。屋号は、名前を文字ってINAK(イナク)と名付けました。

 

 

 

どんな作品を作ってますか?またこだわりなどを教えてください。

 

ペットグッズを主に作成しています。布小物、そしてごくたまにとんぼ玉でアクセサリーを製作しています。

 

 

 

もともと服飾の職に就いていたとお聞きしましたが・・・

 

はい、アパレルの仕事をしていました。

 

ですので、作る事はもともと大好きなんです。

 

 

 

実はなんでも作れるとお聞きしましたが・・

 

いや、なんでもは・・(笑)

 

でもパッチワーク、編み物なんかもやります。最近はミシンを使った製作が多いですが、基本作るのが大好きなので(笑)

 

 

 

作るのが好きとの事ですが、原点はココというものがありますか?

 

原点は・・・手芸好きなおばあちゃんですね。

 

とにかく近所の手芸屋さんに入り浸ってました。

 

新しいキットがあればすぐ飛びつき買ってもらってましたね(笑)

 

でも手芸の原点といえば、編み物かもしれませんね。

 

編み物はホント小さい時からやっています。

 

家庭科でミシンを踏むようになってから、

 

ミシンの虜に...人の宿題まで縫ってました(笑)

 

 

 

ハイシーメンバーになったきっかけはなんですか?

 

友人の紹介です。

 

もともと、作ることが大好きだったので、いつかはやってみたいと

 

思っていました。

 

ミニチュアダックスを飼っていまして、

 

その愛犬さんちゃんの物を作っていて、友人にも紹介して

 

もらうようになり、自分自身の方向性(ペットグッツを主軸とする活動)

 

も定まり始めました。

 

 

 

いつも暑苦しい事務局の2人についてどう思いますか?

 

いつも熱いエネルギーをもらってます。

 

こんなに楽しく活動できるのも、メンバーとお二人のおかげです。

 

 

 

ハイシーに入って良かった点などがあればお願いします。

 

きっと、自分だけで始めていたら、こんなに活動の幅は広がっていなかったと思います。お二人には本当に感謝です。

 

実は私、意外と人見知りなんです(えーっとここで事務局の声)

 

うーん、接客については、もともとやっていた事もあり平気なんですが、自分のことを自分で売りだせないってことかな?照れくさくて。

 

でも、二人のおかげでだいぶ自信がつきましたね。

 

でも、新規なところに売り込みに行くのは勇気がいるなぁ〜

 

だから、メンバー達の人のつながりがうれしいです。

 

 

 

では最後に今後の活動について何かあればぜひ

 

もっとたくさんのワンコちゃん猫ちゃんのお話を聞いて、みんなが何を求めているかを研究したいです。

 

もちろん布小物に対しても同じです。使いやすい(≧∇≦)と言ってもらえるように日々努力です

 

 

 

 

 

インタビューを終えて

 

異色の1.5期というINAKさん。

 

明るい性格と分け隔ての無い性格であっという間にハイシメンバーのムードメーカーとなっています。

 

 

 

事務局もお世話になっており、その縫製技術とセンスには、絶対の信頼を置いています。タグひとつにでもこだわりを見せる職人肌のINAKさん。

 

道具の話しなんかもとても詳しいので一度聞いてみるのも良いかもしれませんよ。

 

ちなみに紙の話しも凄く詳しいです(笑)

 

今後の活躍がますます楽しみですね。